スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イイダコ八郎先生を食す
金田湾で釣ってきたイイダコ八郎先生。これは、もちろん、美味しくなってもらうしかないのですョ。

090927_イイダコ料理

ということで、料理人もんじろうが行く!なのでアリマス。
っで、作ってみたのは、こんなもの↓

●イイダコの煮漬け
●イイダコ飯
【呼び集める】

金田湾で釣られてきたイイダコ八郎先生4杯。墨は吐くは、水がなくても移動するは・・・・。なので、三角コーナー用のネットへ入れ、帰る前に海水で墨を綺麗綺麗します。そして、ペットボトル氷と一緒に入れて、ネットの口を閉め、それをレジ袋へ。さらに、クーラーへしまってのお持ち帰り。イイダコ八郎先生、それでも、帰宅するまで、活き活きネットの中でエンジョイしてました。

ちなみに、イイダコ釣りですが、こんなもので釣れるらしいデス。

↓イイダコテンヤに模したイイダコジグ
090926_イイダコジグ

↓さらにこんなタコ掛けのスグレモノらしきものも
090926_イイダコ釣り道具

先生は、白いものを見ると、好物の二枚貝と間違えて抱きつくらしいのです。本当は、上の写真のようなテンヤ仕掛けにラッキョウを巻くのがスタンダードですが、オイラは、ちっちゃい頃からのラッキョウ嫌い ^^;
なので、疑似餌版のジグを用意して行きました。

しかーっし、残念ながら、用意していた これらの仕掛けには一切掛からず、先生方はイソメを食いに来たところ捕獲されてしまったのです。以前もイソメで掛かったことがありましたが、先生達って、本当はイソメのほうが好き?ちなみにオイラ、イイダコ専門の釣り道具を使ったのは初めてだったので、使い方のほうに間違いがあったかも ><;

余談が過ぎましたが、本当の好物は何?的なイイダコ八郎先生達をクーラーから取り出します。

【下処理】

先ずは、ザルに入れて、氷水にヒタヒタします。先生方は水が嫌いなので、即、成仏されます。次に大量の塩をかけ、下洗いします。先生方からは、大量のヌメヌメ成分が出てきますが、ヌメヌメ感が無くなるまで洗います。
ちなみに、今回は、いつもの魚君ぎょ、ぎょーっ とは違い、包丁は ほとんど使いません。

↓さっぱり洗われて、宇宙人のようになってしまわれた先生方
090926_イイダコ

次に、裏返しにして、頭(胴体の白いほう)のスカートの部分に指を入れ、中にある身とスカートの部分の皮を指先で切っていきます。そして、スカートを捲し上げると・・・・、あら~、内臓と墨袋が見え見え。墨袋はパチンコ玉のように銀色に輝いています。

↓スカートを捲し上げられた先生
090926_内臓墨袋とり

で、指先を使い、内臓と墨袋を引きちぎっていきます。乱暴に扱い過ぎると、墨袋が破けます。

次は、先生達、いや、もはや宇宙人達の怪しい目を取り出します。
スカートを戻し、先生方を正面(黒っぽい側)に向けなおし、包丁を両目の間のやや下側へ1cmほど入れます。そして、目をその切れ目へ外側から指で押し出すようにすると、先生の目が取り出せます。

次に、先生の嘴を取ります。八郎先生の足の側の付根に嘴があるので、八本足をひっくり返すように手で持ち、ちょっと、ぎゅーっとすると、嘴が出てきます。
そして、そこを骨抜きで挟んで引き抜きます。骨抜きが無ければ、毛抜き。毛抜きが無ければ綺麗な小型ペンチなんぞで抜いちゃいましょう。

最後に、今一度、塩で揉んで洗います。これで、下処理の完成です。魚君ぎょ、ぎょーっ のように体力は使いませんが、チマチマとした作業が必要です。

↓下処理された先生方:白いところは、目を出すために入れた包丁のあと。
090926_下準備完成

【調理】

●イイダコの煮付け
先に根野菜に味をしみ込ませるため、水から下茹でをし、楊枝がささるくらいにしておきます。
一方で、先生達は、熱湯風呂に入っていただきます。熱湯に、ちょっと入れると、クルクルっと先生達の足が、たこ八ちゃんのようになるので、そうなったら すぐに取り出し、氷水にさらします。その後は、お好みで切り分けます。オイラの場合、数が少なかったので、ボリューミーに見せるため、胴と足を切り分け、さらに足も2分しました。
そして、下茹でした根野菜と一緒に、酒、みりん、砂糖、醤油、それに昆布を加えた煮汁へ投入します。配合は、それぞれのご家庭の味付けで。落とし蓋をして、40分くらい。
煮あがったら、粗熱をとって冷蔵庫へ、煮汁の水位が低い場合は、上にキッチン・ペーパーをかけるといいです。これで、一晩、つけ込んでおきます。
その間、オイラは暇なので、イイダコ・レシピなんぞをサイトで見ていたら、結構、煮卵を合わせているものが多い。なので、真似します。今の季節だと、沸騰したお湯に7分くらい。取り出したら、すぐ水に浸し、熱をとっておきます。 そして、殻を剥いて、粗熱とった煮付けへ入れておきます。
先生、一つやっちゃってください・・・・
翌日、味付け卵を取り出し、レンジでチ~ン。そして、その中へ再び味付け卵を投入します。っで、出来上がりは、こんな感じ。

↓イイダコの煮付け
090927_イイダコに煮付け

●イイダコ飯
一晩漬け込んだ、イイダコの煮漬けの汁を酒と水で2倍程度に薄めます。それを火にかけ、沸騰したら微塵切りにした生姜を入れ、さらに煮ます。出来上がったダシ汁が米を炊くのに必要な分量の3分の2くらいにし、残りは水入れて炊き上げます。できあがったら、万能葱を散らしてもいいかも。

↓イイダコ飯:蛸少なーっ。しかも、ちっちゃー・・・・。虫眼鏡で見ないと分からないサイズ ><;
090927_イイダコ飯

【感想】

●イイダコの煮付け
先生方の香りと食感は最高ーっ。味付け煮卵も、中とろとろで最高ーっ。根野菜の煮加減もいいっー。でも、味付けが、しょっぱ過ぎました。煮汁は、そのまま白いご飯にかけて食べるには、ちと ><;
すっごい残念っ!!
一見、皿に大盛りのような錯覚をおこす写真ですが、このお皿、かなり、小型です。っと言うことは、蛸少な過ぎ・・・・

●イイダコ飯
こいつは美味い。でも、これまた残念ながら、蛸少なすぎ・・・・。インチキ松茸ご飯みたいに見える。黙ってだされたら思わず「やけにアサリの少ないアサリ飯だなぁ」ナンゾと言っちゃうかもしれません。ちっちゃな先生達では、普通の蛸飯よりもさらに量が必要だと思い知らされました ><; 

やはり、4人の先生で2品は欲張り過ぎでした。これ全部で、1品程度の分量です。次回は、もうちょっと数を釣らなくては、と思うのでした。

≪↓ぽちっと押してみてくんなまし≫

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
コメント
いいですね
紋次郎さん、こんばんは(^_^)v

イイダコは下処理が面倒なんですね。
その分、出来上がった料理は特に美味しそうで、特にタコ飯は食べてみたいです。
しかし小さいから数釣りしないといけないですね~。
釣り方ですが、らっきょうで釣れるんですか?私は抵抗なくいけるから釣れるかも(笑)
問題は奥さんが調理してくれるかどうかですね。
2009/09/29(Tue) 20:01 | URL | ティーグ | 【編集
 紋次郎さん こんばんわ

 イイダコ美味そう!!!
 タコ飯,煮付け堪りませんね。

 九州にいた頃に、キス釣りに行くとやたらとイイダコが釣れた思い出があります。
 やはりゴカイに食いついて鈎がかりしちゃうんですね。
 キスが釣れずにイイダコ入れ食いそんな思い出がありました。
2009/09/29(Tue) 21:15 | URL | jetpapa | 【編集
もんじろうさん、こんばんわ。
煮付けの写真は小料理屋のお料理みたいですね。
しかもイイダコ。
いつもながら感心させられます。
2009/09/29(Tue) 22:14 | URL | ニョロリです。 | 【編集
お晩です!!

いや~煮付けは日本酒にぴったり!!
これからの季節は特に・・・
っていつも酒がらみのコメばかり・・・
だって・・・
写真見るだけでつい・・・
2009/09/30(Wed) 00:31 | URL | gijie.angler | 【編集
ティーグさん、おはようございます。

今回は、あまりにも数が少なく、ほんと、タコ飯はちっちゃな虫が入っているような感じでした ^^;
結構、遠浅の砂地ならいるみたいなので、機会ありましたら、是非、ティーグさんもチャレンジしてください。
本当は、ラッキョウでいけるみたいですし ^^
捌くのも、魚捌くように血みどろの惨劇にならないので、見た目以外は、簡単かもしれませんョ。
2009/09/30(Wed) 06:18 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
jetpapaさん、おはようござます。

そうなんです。本当の狙いは違うものに鈎がかりしてしまって ^^;
なぜか、これ狙おうと専用道具出したら、そちらのほうへは一切かかりませんでした。
やはり、食べたら、美味かったので、今度は、専門に狙ってみたいです ^^
2009/09/30(Wed) 06:22 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
ニョロリさん、おはようございます。

小料理屋の屋がとれた感じの、すっごい小ぢんまりしたものになってしまいました ^^
そして、毎度ながら、ちと、しょっぱめの味付け。
塩加減は、もうちっと少なめにしないといけないのをついつい・・・・
ニョロリさんのウナギたれのように慣れが必要なのかもしれないです ^^
2009/09/30(Wed) 06:26 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
gijie.anglerさん、おはようございます。

みなさんへのコメントへも記載させていただいたのですが、小ぢんまりとしてしょっぱめ・・・・
ってことは、お酒には、ぴったりのおつまみだったりする訳で・・・・^^;
オイラも大の酒好きなので、煮付けは、ご飯のおかずか、酒のおつまみかで、後者だったら、有りかなぁ~とも思ってしまいます。
何れにしても、もっと、数釣らないとどうにもならない感じでした・・・・・^^
2009/09/30(Wed) 06:31 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
イイダコうまー
こげだし紋次郎さん、こんばんは。
イイダコ美味しそうですね。今イイダコ釣りのシーズンで釣り船の情報の釣果100匹越えの記事を見るとワクワクします。自分は到底その数には届きませんでしたが(20匹位)。今シーズンは行けるかなぁ?
2009/10/01(Thu) 02:40 | URL | WOODY | 【編集
WOODYさん、おはようございます。

コメント、遅くなってしまい、申し訳ないです。
イイダコ、100越えはすごいですねぇ~、ってか、20匹のWOODYさんもすごいです。オイラは到底そこまで及びません。仮に専門に狙っても10匹いけば、いいほうかと・・・・^^;
でも、この釣り、手長エビの時みたいに意外と奥が深そうで、ちと、興味が沸いています。
なかなか、近場で釣れそうなところがないかもしれないのですが、もう一回、専門でやってみたいです^^
2009/10/03(Sat) 08:23 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
こんばんは紋次郎さん。
近々タコ釣りを始めようかと思ってた私にはタイムリーな話題でした。
私が釣ろうとしているのはマダコですが、基本的な調理法は変わりませんもんね♪
タコ飯、煮付け、から揚げ、刺身・・・と妄想が膨らみますわ~。
っと、その前にタックルを買わないと(笑
2009/10/04(Sun) 18:22 | URL | 海人 | 【編集
海人さん、おはようございます。

ダム湖のストレス、タコに八つ当たりしちゃいましょう ^^
タコは、個人的には、急速に興味のでてきた釣りです。料理もあまり、今日はタコ料理だぁ~!と気合入れて購入したことがなく、いざ、料理してみると意外とイケルことに気付きました。
是非是非、海人さんも大物のマダコをゲットしちゃってください ^^
2009/10/05(Mon) 06:15 | URL | こげだし紋次郎 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。