スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見た目のこだわり
失敗しまくった前回のウェーダーの靴底の貼りかえ・・・・・
結局、こうなりました・・・・・ってか、なってしった・・・・

紋次郎クオリティ

これぞ、紋次郎クオリティ・・・・ ヽ(`Д´)ノ
(;´Д`) アァ~ また、やってしもうたぁ~。

フエルトって綿みたいなもんじゃーないのぉ~・・・・・っと思ってしまったのが、紋次郎クオリティの発端なのであります。

以前の靴底フエルトに購入した靴底フエルトを貼り付けた時できた隙間。
なんとか埋めないと・・・・っと思い、つい、やってしまったのです。出来心デス。

最初は、それはそれは昔のフライ・タイイングのマテリアルでも埋め込んじゃえぇー!!
っと思ったのですが、んっ、待てよ・・・・
もっと、安上がりで大量にあるものが家に眠ってるんじゃーないのーってことで、薬箱の救急セットに入っていた綿に気づいたのです。

前回の接着剤の乾燥時間に懲りたオイラは、早速「ウルトラ多用途SU」なる短時間、超強力と書いてある秘密兵器を購入し、シメシメ気分でおったのです。
余談ですが、商品サイトのエスユーマンの好きな言葉は、多種多様、前代未聞、一日一善、だそうな。

イメージ・トレーニングでは、クリアな接着剤とほぐした綿が相まって、実に美しい仕上がりが瞼に浮かぶのです。おぉ~、グレイトっ!!ビューティフルっ!!ってな感じにネ。

っで、やってみることにします。

先ず、接着剤を隙間にヌリヌリして・・・・ほぐした綿を埋め込んで・・・・

んん~・・・・

綿が、ほぐれたままではないかーっ!!しかも、偏っとるぞ、オマエらー。
っと、ほぐれた綿を隙間の中へ押し込もうと四苦八苦。

ここからはお察しの通り・・・

最初は、カッターやら、フライ道具のニードルやらを使っていたのですが、どうも、ウマくいかない。
とうとう指先を使ってしまった。
指先に綿がくっつき始めてから、まぁ~大変でした。
綿が綿に絡まって、埋め込んだものは出てくるし、勝手に固まってダンゴみたいになってしまうし、とにかく、収拾がつかなくなってしまったのです。
最後は、粉ものを練っているような気分です。

っで、出来上がったのが、写真のモノです。
うぅ~、かっちょわりぃーーーー!!
まるで靴底からカビが生えているように見えるじゃーありませんかっ。
まさにエスユーマンの好きな言葉、前代未聞のウェーダーです。

仕方がない、今回は勉強ということで、今度、がんばろうと思うのでした。
まぁ~、見ようによっては、フードについているケバケバのファーのようにも見えるし・・・・
流行らんカネ。こういうウェーダー・デザイン・・・・その名も「前代未聞」・・・・

≪↓ぽちっと押してみてくんなまし≫

にほんブログ村 釣りブログへ
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。